nba.

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

立命館大学 研究者学術情報データベース English>> TOPページ TOPページ > 渡辺 千原 (最終更新日 : 2023-09-15 17:28:17) ワタナベ チハラ 渡辺 千原 WATANABE CHIHARA 所属 法学部 法学科 職名 教授 業績 その他所属 プロフィール 学歴 職歴 委員会・協会等 所属学会 資格・免許 研究テーマ 研究概要 研究概要(関連画像) 現在の専門分野 研究 著書 論文 その他 学会発表 その他研究活動 講師・講演 受賞学術賞 科学研究費助成事業 競争的資金等(科研費を除く) 共同・受託研究実績 取得特許 研究高度化推進制度 教育 授業科目 教育活動 社会活動 社会における活動 研究交流希望テーマ その他 研究者からのメッセージ ホームページ メールアドレス 科研費研究者番号 researchmap研究者コード 外部研究者ID その他所属 1. 法学研究科   学歴 1. 1992/04/01~1998/03/31 京都大学 基礎法学 修士課程 単位取得満期退学 2. 1988/04/01~1992/03/31 京都大学 法学部 卒業 研究テーマ 1. 科学、医療と裁判 研究概要 現代社会における裁判の役割、プロフェッション論 アメリカ法社会学の流れを汲む実証的法社会学。特に、法が異専門分野と接する医療過誤訴訟などを素材に、現代社会における法のありかたを問う。 現在の専門分野 基礎法学 (キーワード:法社会学) 著書 1. 2023/05/31 法社会学の最前線 │ (共著)   2. 2023/02/28 現代日本の紛争過程と司法政策ー民事紛争全国調査2016-2020 │ (共著)   3. 2020/03 現代日本の司法-「司法制度改革」以降の人と制度- │ ,83-103,416-436 (共著)   4. 2018/02 訴訟と専門知-科学技術時代における裁判の役割とその変容 │ (単著)   5. 2017/12 科学の不定性と社会 │ ,68-86 (共著)   全件表示(13件) 論文 1. 2023/03/25 医療事故調査の紛争解決過程での利用と課題ー訴訟における医療事故調査報告書の扱いからの一考察ー │ 立命館法学 │ 405=406,810-835頁 (単著)   2. 2022/05/30 医療安全と紛争解決ー連携可能性と紛争解決 │ 法と社会研究 │ 7,123-151151頁 (単著)   3. 2021/08/25 利用者から見た医療ADR-医療紛争相談センター利用者インタビューから描く実情と課題- │ 立命館法学 │ (396),1-69頁 (共著)   4. 2021/03/25 ポスト司法制度改革期における医療事故の脱訴訟化と司法アクセス │ 立命館法学 │ (393・394),844-875頁 (単著)   5. 2020/03 訴訟による政策形成と法形成-社会変化の読み込みとその評価の在り方- │ 立命館法学 │ (387.388) (単著)   全件表示(38件) 学会発表 1. 2018/09/12 Gender and Science: Institutional and discoue analysis of recent Supreme Court rulings of family law cases (RCSL/SDJ Annual Meetings) 2. 2018/09/05 司法と報道:国民的基盤の形成の観点から (第28回司法シンポジウムプレシンポジウム「市民と司法をつなぐマスメディアの役割」) 3. 2017/12/15 ADR Movement for Medical Accident Cases in Japan : The possibility and limitation of ADR to Alternate Litigation (Asian Law and Society Association) 4. 2017/11/25 基礎法学と要件事実 (2017年度法科大学院要件事実教育研究所・講演会) 5. 2017/07/10 紛争解決過程における専門知-医療ADRを例に- (仲裁ADR学会) 全件表示(19件) 科学研究費助成事業 1. 2019/04 ~ 2022/03 専門訴訟での規範形成過程とその制度的・人的体制の実証的・比較法的研究 │ 基盤研究(C)   2. 2019/04 ~ 2024/03 諫早湾干拓紛争の社会科学的総合研究 │ 基盤研究(A)   3. 2018/04 ~ 2022/03 医療安全と紛争解決の有機的連携の促進のための複数領域による国際比較研究 │ 基盤研究(B)   4. 2017/04 ~ 2018/03 訴訟と専門知-科学技術時代における裁判の役割とその変容 │ 研究成果公開促進費   5. 2016/04 ~ 2020/03 現代民主主義の構築における司法の役割と国民的基盤-司法行動・制度改革の実証的研究 │ 基盤研究(B)   全件表示(13件) 研究高度化推進制度 1. 2018/092019/03 研究支援制度分類:学外研究制度種目:-医療・法の専門知と専門職の規律方式の多層化と交錯の実証的・理論的研究 2. 2018/042019/03 研究支援制度分類:研究推進プログラム種目:科研費獲得推進型医療・科学技術分野での裁判による規範形成の活性化・適正化に向けた制度・実証研究 3. 2017/042018/03 研究支援制度分類:学術図書出版推進プログラム種目:-訴訟と専門知―科学技術時代における裁判とその変容― 4. 2017/042018/03 研究支援制度分類:研究推進プログラム種目:科研費獲得推進型医療・法の専門知と専門職の規律方式の多層化と交錯の実証的・理論的研究 5. 2009/062010/03 研究支援制度分類:研究推進プログラム種目:若手研究法変動と科学-科学的証拠の利用からの検討- 研究者からのメッセージ 1. 現代社会における裁判のあり方を探究法学部に在籍していても実際の社会は見えない。法社会学を選択すれば、社会を見る目が養えるのではないか、と学部のゼミで棚瀬孝雄教授の法社会学を選択したのが法社会学との出逢いでした。そのような心許ないスタートながら、社会学の視点から規範や裁判を捉え直す作業の面白さに勉強を続けて、今に至っております。現代社会において、法や裁判が対処しなければならない問題は増殖しています。本来法とは異分野である医療や環境問題なども法のカバーする領域となりつつあります。法、具体的には法律家は、そのような問題にいかに対処しうるのでしょうか。また、法の正統性は何に求められるようになるのでしょうか。そのような問題を考察しながら、現代社会における裁判の変貌、今後の展望を考察したいというのが現在の研究関心です。 © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

オートルーレット ブランドン・ナカシマ バカラ カジノで勝つための攻略方法はありますか? 188BET - オンラインカジノラボ
Copyright ©nba. The Paper All rights reserved.