アーセナルu21

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

立命館大学 研究者学術情報データベース English>> TOPページ TOPページ > 三原 久明 (最終更新日 : 2024-06-06 16:44:23) ミハラ ヒサアキ 三原 久明 MIHARA Hisaaki 所属 生命科学部 生物工学科 職名 教授 業績 その他所属 プロフィール 学歴 職歴 委員会・協会等 所属学会 資格・免許 研究テーマ 研究概要 研究概要(関連画像) 現在の専門分野 研究 著書 論文 その他 学会発表 その他研究活動 講師・講演 受賞学術賞 科学研究費助成事業 競争的資金等(科研費を除く) 共同・受託研究実績 取得特許 研究高度化推進制度 教育 授業科目 教育活動 社会活動 社会における活動 研究交流希望テーマ その他 研究者からのメッセージ ホームページ メールアドレス 科研費研究者番号 researchmap研究者コード 外部研究者ID その他所属 1. 生命科学研究科   2. 総合科学技術研究機構 宇宙地球探査研究センター   学歴 1. 1999/09(学位取得) 京都大学 博士(農学) (応用微生物学) 2. 1995/04~1999/03 京都大学 農学研究科 農芸化学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学 3. 1993/04~1995/03 京都大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻 修士課程 修了 4. 1989/04~1993/03 京都府立大学 農学部 農芸化学科 卒業 職歴 1. 2024/04 ~ 立命館先進研究アカデミー (RARA) フェロー 2. 2014/04/01 ~ 立命館大学 生命科学部 教授 3. 2009/04 ~ 2014/03 立命館大学 生命科学部 准教授 4. 2007/04 ~ 2009/03 京都大学 化学研究所 助教 5. 2000/04 ~ 2007/03 京都大学 化学研究所 助手 全件表示(7件) 委員会・協会等 1. 2022/01/01 ~ 日本生化学会 Associate Editor, Journal of Biochemistry 2. 2020/04 ビタミンB研究委員会 委員 3. 2019/08 ~ 2023/07 日本微量元素学会 評議員 4. 2019/01 ~ 2020/12 日本生化学会 「生化学」誌企画委員 5. 2018/04 日本生化学会 JB編集委員会編集参与(Advisory Board) 全件表示(16件) 所属学会 1. 日本生化学会 2. 日本農芸化学会 3. 日本ビタミン学会 4. 日本微量元素学会 5. 日本微量栄養素学会 全件表示(6件) 研究テーマ 1. 微生物酵素を用いたキラル化合物の生産 2. 微量元素・金属代謝に関与する酵素の構造機能解析と応用 研究概要 金属・微量元素の代謝に関与する微生物・酵素の構造機能解析と環境浄化・資源回収・有用物質生産への応用 微量元素、特にセレンの代謝に関わる酵素群の解析とそれらの機能を活かした環境浄化・物質生産への応用を目指す。また、微生物酵素を用いて工業的に有用なキラル化合物の新しい生産系を構築する。 現在の専門分野 生体関連化学, 生物機能・バイオプロセス, 構造生物化学, 機能生物化学, 応用微生物学, 応用生物化学, 生物生産化学・生物有機化学 (キーワード:酵素、タンパク質、微量元素、セレン、硫黄、セレンタンパク質、金属、微生物、キラル化合物、補酵素、補因子、ビタミン) 著書 1. 2021/01/31 細菌によるカルコゲン代謝 │ 生命金属ダイナミクス : 生体内における金属の挙動と制御 │ ,93-97頁 (単著)   2. 2020/11 補因子,補酵素の生合成と相分離 (相分離生物学の全貌) -- (刷新される既存の見方) │ 現代化学 : 増刊 │ (46),53-57頁 (共著)   3. 2020/04/05 ジオマイクロバイオロジー │ 遺伝子・細胞から見た応用微生物学 │ ,173 (単著)   4. 2018/02 エッセンシャル タンパク質工学 │ (共著)   5. 2017 Selenium in Plants │ ,79-108 (共著)   全件表示(15件) 論文 1. 2022/09/20 Group II truncated haemoglobin YjbI prevents reactive oxygen species-induced protein aggregation in Bacillus subtilis │ eLife │ 11 (e70467) (共著)   2. 2021/03 Medicinal plant extracts protect epithelial cells from infection and DNA damage caused by colibactin-producing Escherichia coli, and inhibit the growth of bacteria. │ Journal of applied microbiology │ 130 (3),769-785 (共著)   3. 2021/08 Complete Genome Sequence of Pseudomonas stutzeri Strain F2a, Isolated from Seleniferous Soil. │ Microbiology Resource Announcements │ 10 (33),e0063121 (共著)   4. 2021/10 Initial Step of Selenite Reduction via Thioredoxin for Bacterial Selenoprotein Biosynthesis. │ International Journal of Molecular Sciences │ 22 (20) (共著)   5. 2021/12 Overexpression and characterization of Escherichia coli dihydropyrimidine dehydrogenase: a four iron-sulphur cluster containing flavoprotein. │ Journal of Biochemistry │ 170 (4),511-520 (共著)   全件表示(115件) 学会発表 1. 2020/03/27 Pseudomonas putida KT2440株由来D-リジントランスポーターによる基質認識 (日本農芸化学会2020年度大会) 2. 2020/03/27 セレン耐性菌 Cellulomonas sp. D3a 株における亜セレン酸還元機構の解析 (日本農芸化学会2020年度大会) 3. 2020/03/27 転写調節因子 NsrR のモリブデン補因子生合成における役割 (日本農芸化学会2020年度大会) 4. 2019/12/23 Selenium metabolism in bacteria (The 1st International Workshop on Metallomoics and Nanoparticles) 5. 2019/12/23 The NsrR is essential for the function of selenate/tellurate reductase via activation of the moeA gene in Escherichia coli (The 1st International Workshop on Metallomoics and Nanoparticles) 全件表示(241件) 受賞学術賞 1. 2020 日本微量元素学会 浜理薬品賞 2. 2010 日本生化学会奨励賞 科学研究費助成事業 1. 2020/04 ~ 2022/03 微生物におけるセレンの動態とその分子機序の多様性 │ 基盤研究(B)   2. 2014/04 ~ 2015/03 細菌による金属ナノ粒子合成機構の解明と太陽電池層への応用 │ 挑戦的萌芽研究   3. 2012 ~ 2014/03 CIGS太陽電池材料の微生物合成 │ 挑戦的萌芽研究   4. 2011 ~ 2016/03 セレン含有タンパク質生合成に関わるセレン特異的化学変換機構の解明 │ 基盤研究(B)   研究高度化推進制度 1. 2021/04/012026/03/31 研究支援制度分類:R-GIRO研究プログラム種目:第4期拠点形成型R-GIRO研究プログラム気候変動に対応する生命圏科学の基盤創生 2. 2019/042020/03 研究支援制度分類:研究成果国際発信プログラム種目:-セレンの地球微生物学的研究の成果国際発信と国際連携の強化 3. 2017/042018/03 研究支援制度分類:研究推進プログラム種目:科研費獲得推進型新規金属代謝微生物の探索と応用 4. 2016/072017/03 研究支援制度分類:R-GIRO研究プログラム種目:第3期拠点形成型R-GIRO研究プログラム90億人時代に向けた気候変動対応型農業の基盤創生 5. 2016/042017/03 研究支援制度分類:研究成果国際発信プログラム種目:-セレンの微生物代謝研究の国際化 全件表示(13件) 教育活動 ●教育方法の実践例 1. 2014/04 専門科目「微生物生理学」における「インタラクティブシート」を適宜利用した学生から授業の感想・要望聴取と授業改善への活用。疑問点等は、次回の授業で回答するなどの学生との意思疎通の実施。 2. 2013/04 専門科目「微生物学実験」における「インタラクティブシート」を適宜利用した学生から授業の感想・要望聴取と授業改善への活用。疑問点等は、次回の授業で回答するなどの学生との意思疎通の実施。 3. 2010/04 専門科目「タンパク質工学」における「インタラクティブシート」を適宜利用した学生から授業の感想・要望聴取と授業改善への活用。疑問点等は、次回の授業で回答するなどの学生との意思疎通の実施。 4. 2010/04 専門科目「生物資源学」における「インタラクティブシート」を適宜利用した学生から授業の感想・要望聴取と授業改善への活用。疑問点等は、次回の授業で回答するなどの学生との意思疎通の実施。 5. 2010/04 専門科目「分子生物学実験」における「インタラクティブシート」を適宜利用した学生から授業の感想・要望聴取と授業改善への活用。疑問点等は、次回の授業で回答するなどの学生との意思疎通の実施。 ●その他教育活動上特記すべき事項 1. 2015/12 ~ 2015/12 高校等の模擬講義: 立命館慶祥高校「R-Navigation(高1・2対象学部ガイダンス)」を担当した。 2. 2015/12 ~ 2015/12 高校等の模擬講義: 立命館慶祥高校「アカデミック・ナビゲーション・ディ」を担当。 3. 2015/10 ~ 2015/10 高大連携講義: 立命館宇治高校「キャリアナビ+R Ⅱ」を担当。 4. 2015/08 ~ 2015/08 高校等の模擬講義: 立命館慶祥高校「SS DayⅡ」を担当した。 5. 2015/06 ~ 2015/06 高校等の模擬講義: 土佐塾高校模擬講義 微生物の力を活用して産業に役立つ物質をつくる 全件表示(8件) ホームページ 立命館大学 生命科学部生物工学科 応用分子微生物学研究室(三原研究室) 外部研究者ID ORCID ID 0000-0002-5153-4403 Researcher ID F-2172-2010 © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

プレイワールドカジノ徹底解説!安全性や口コミ・評判をご紹介 ラッキーニッキーの入金不要ボーナス$35の受け取り方と条件 ... ビーベット(BeeBet)の評判チェック!良い口コミと悪い ... プロ野球賭け
Copyright ©アーセナルu21 The Paper All rights reserved.